ROEで期待の5銘柄

These 5 Stocks Look to Offer the Best Return-on-Equity Growth, Goldman Sachs Says

ゴールドマンのコスティン氏

第1四半期ROE上昇は3セクターだけ

ゴールドマンのコスティン氏 Photograph by Victor J. Blue/Bloomberg
S&P500指数の自己資本利益率(ROE)は第1四半期に大きく下落し、年内は低迷が続く見込みだ。一部では2021年には改善すると期待されている。


ROEは、当期純利益を自己資本で割ったもので、利益を生み出すためいかに資本が効率的に活用されているかを示すものだが、ゴールドマン・サックスのストラテジスト、デービッド・コスティン氏によると、2020年第1四半期にROEが上昇したのは11セクターのうち生活必需品、公益、不動産の3セクターだけだった。これに対し、下げが…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By EVIE LIU
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

2020年10月18日の読みどころ

2020年10月11号の読みどころ

ランキング

ranking
  1. The Biggest Techs Can Get Bigger—and More Profitable.
  2. Investors Are Optimistic About Stocks
  3. A Dozen Stocks That Will Make Both Growth and Value Investors Happy
  4. How to Play the Next Industrial Revolution
  5. Wall Street Prepares for a Biden Victory
  6. A Short-Term Strategy That Works: Buy the Most-Profitable Companies
  7. Apple’s New iPhone Are Here — and Even One Wall Street Bear Thinks They’re Just Fine
  8. Summer’s ‘Signs of Froth’ Return to Stock Market
  9. Inside the Stock Market’s Indecisive Week
  10. Electric Vehicles and SPACs: What Could Go Wrong?