航空株急騰、アラスカが「買い」

Airline Stocks Are Soaring Again. Alaska Air Is a Buy, Analyst Says.

バンカメが目標価格53ドルに

ジェットブルーは「中立」

Photograph by Bruce Bennett/Getty Images
航空会社株は週明け8日も騰勢が続いた。アナリストらは航空セクターについて、わずかながら一段とポジティブになっている。

バンク・オブ・アメリカのアナリスト、アンドルー・ディドラ氏は、同セクターの多くの銘柄の目標株価を引き上げるとともに、アラスカ航空<ALK>の投資判断を「買い」に、ジェットブルー航空<JBLU>を「中立」に、それぞれ引き上げた。

ディドラ氏はアラスカ航空について、フリーキャッシュフローを生み出す力が強く、バランスシートも改善…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By DAREN FONDA
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

ランキング

ranking
  1. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  2. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  3. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  6. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. Stocks Dropped From a Key Level—Again. What That Means.
  9. The Stock Market Could Get Crazy Again With a Volatility Spike
  10. Housing Stocks Are Down. But There Are Already Signs of a Rebound.