WEEKLY 2020年6月14日号

株価急落、市場はまだ心を決めかねている

Mr. Market Can’t Seem to Make Up His Mind

FRBの流動性供給がもたらす破天荒

破産申請したハーツが新株売り出しを承認される

Drew Angerer/Getty Images
市場がいつも正しいのなら、なぜ調整があるのだろうか。先週はそのことを考えさせられた。11日の木曜日には、ダウ工業株30種平均(NYダウ)は約7%下落し、他の主要株価指数も急落した。経済が順調に再開していけば、景気回復が予想通りV字型回復になるとの心地よい期待を抱いていた投資家の考えを正したように見える。主要株価指数はどれも、従来から言われる調整の定義とされる10%の下落には至らなかったものの、小型株のラッセル2000指数は7.6%急落したことで、3日間…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Randall W. Forsyth
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. How to Invest for the Next 10 Years.
  2. 5 Stocks to Own for the Next 10 Years.
  3. It’s Time to Wade Back Into Tech-Just Don’t Expect Instant Gains.
  4. The 10 Hottest Stocks for the Long Haul
  5. Bond Yields Are Finally Looking Attractive. What to Buy Now.
  6. New Alzheimer’s Drug Success Was a Shock. Now There Are 5 Big Questions.
  7. The Fed Is Starting to Break Things. Stocks Are Paying the Price.
  8. How a Top Fixed-Income Pro Is Navigating the Storm in the Markets.
  9. Logistics Not to Blame for Tesla’s Deliveries Miss. There Is a Much Bigger Reason.
  10. Stocks Just Suffered Their Worst September Since 2002. What That Means for October.