グロースの大幅リード、終わりに近い?

Growth’s Edge Over Value May Finally Be Nearing Its End

13年の強気相場

トレンド長続きの可能性も

Nicholas Asfouri/AFP via Getty Images
投資において、正しくあるだけでは十分ではない。正しくても、それが早過ぎると、間違っているのと同じほど悪い。うまくいっているものに投資しないことで、機会逸失のコストが生じるからだ。

そこで「グロースかバリューか」の投資論議について考えた。

大型株では「グロース株」は依然「バリュー株」をかつてなく大幅に引き離している。2013、2016両年に5%未満の低下という例外はあったものの、グロースは13年におよぶ強気相場にある。低金利環境下で、収益・成長…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By ANDREW ADDISON
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

2020年8月2号の読みどころ

2020年7月26号の読みどころ

ランキング

ranking
  1. 2 Picks and 4 Pans From a Savvy Pro
  2. he CEOs of Big Tech Get the Last Word
  3. Investors Are Too Wary as Earnings Reports Come in Strong
  4. SPACs Are the New Hot Thing on Wall Street. What You Need to Know
  5. Google Stock-Price Targets Head Higher Even as Shares Slip
  6. How to Invest in China’s Consumer Comeback
  7. Ignore GDP. What Investors Should Watch Instead.
  8. PayPal Stock Is on a Roll. Why Analysts Are Upbeat.
  9. The Dow Rose 373 Points. Are Earnings Too Good to Be True?
  10. It’s Time to Rethink This Tried-and-True Investment Strategy