アップル「中立」に下げも、目標470ドル

Apple Is Too Pricey, Says BofA as It Downgrades the Stock

バンカメ「自社株買い縮小か」

リスク・リターンが一段と均衡

Al Bello/Getty Images
アップル<AAPL>株は年初来ほぼ50%上げ、時価総額は2兆ドルに近づいている。投資家の疑問はどこまで上げるかという普遍的な問題だ。

バンクオブアメリカ・グローバル・リサーチのアナリスト、ワムシ・モハン氏は5日、主にバリュエーションに基づいて、アップル株の投資判断を「買い」から「中立」に引き下げる一方で、目標株価を420ドルから470ドルに引き上げた。

同氏は調査ノートで「現在の(株価)水準でリスク・リターンが一段と均衡したとみている」と述べた…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By ERIC J. SAVITZ
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

2020年9月13日の読みどころ

ランキング

ranking
  1. How to Profit From the Digital-Payment Future
  2. Hunting for Stock Market Bargains? It’s Time to Head to Europe and Japan
  3. Nvidia’s Deal for Arm Is Risky-and Quite Smart
  4. This Stock Fund Has Soared More Than 30% This Year. Here’s How
  5. The Tech Boom Is Slowing. A Sector Rotation Is Picking Up Steam.
  6. What the Next Global Crisis Could Look Like— and Why We Need It
  7. The Financial Markets Enter Their Most Treacherous Season
  8. Amazon Stock Has Gotten Crushed in September. Why One Analyst Says It’s Time to Buy.
  9. 9 Consumer Staples Stocks That Can Keep Growing After Covid Is Gone
  10. Apple Is Set Up for Huge 5G iPhone Sales in U.S., China and Europe, Analyst Says