グロースでバリューの13銘柄

13 Stocks That Both Growth and Value Investors Will Love

バンカメ、コーニングなど

半分は金融セクター

Courtesy of Corning
先週の最高値からの突然の下げには、グロース株からバリュー株へのローテーションという特徴があった。高騰していたハイテク株の下げが最もきつく、打撃を被っていた金融やインダストリアルズ(資本財)などのセクターがアウトパフォームした。

多くの投資家が、株価が高いグロース企業より景気回復に敏感で、株式のバリュエーションが割安の企業に賭けた方がいいと判断しているもようだ。その一方で、新型コロナウイルス感染拡大第2波をめぐる懸念や超低金利は引き続き…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By CARLETON ENGLISH
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

2020年10月18日の読みどころ

2020年10月11号の読みどころ

ランキング

ranking
  1. The Biggest Techs Can Get Bigger—and More Profitable.
  2. Investors Are Optimistic About Stocks
  3. A Dozen Stocks That Will Make Both Growth and Value Investors Happy
  4. How to Play the Next Industrial Revolution
  5. Wall Street Prepares for a Biden Victory
  6. A Short-Term Strategy That Works: Buy the Most-Profitable Companies
  7. Apple’s New iPhone Are Here — and Even One Wall Street Bear Thinks They’re Just Fine
  8. Summer’s ‘Signs of Froth’ Return to Stock Market
  9. Inside the Stock Market’s Indecisive Week
  10. Electric Vehicles and SPACs: What Could Go Wrong?