WEEKLY 2020年10月4日号

IPO、以前と同じ問題抱え復活

IPOs Are Back-With All the Same Problems, and More

メリット生かした事例続々

平均費用は2億ドル超

Julien Mattia/NurPhoto/Getty Images
新規株式公開(IPO)の仕組みは破綻している。資金調達の手段として過度に高価な手段となっているからだ。

米国では年初来127社がIPOを果たした(特別目的買収会社=SPAC=を除く)。フロリダ大学教授でIPOの専門家であるジェイ・リッター氏によると、これらの企業の株価は取引初日に均等加重ベースで平均38%上昇し、それによる値上がり益は総額240億ドルだった。取引初日の値上がり益は平均で1億8900万ドルである。これは、投資銀行が公開価格をより効果的に設定して…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Eric J. Savitz
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

2020年10月18日の読みどころ

2020年10月11号の読みどころ

ランキング

ranking
  1. The Biggest Techs Can Get Bigger—and More Profitable.
  2. Investors Are Optimistic About Stocks
  3. A Dozen Stocks That Will Make Both Growth and Value Investors Happy
  4. How to Play the Next Industrial Revolution
  5. Wall Street Prepares for a Biden Victory
  6. A Short-Term Strategy That Works: Buy the Most-Profitable Companies
  7. Apple’s New iPhone Are Here — and Even One Wall Street Bear Thinks They’re Just Fine
  8. Summer’s ‘Signs of Froth’ Return to Stock Market
  9. Inside the Stock Market’s Indecisive Week
  10. Electric Vehicles and SPACs: What Could Go Wrong?