WEEKLY 2020年10月11日号

ファイザーによる訴訟、薬価に「激震」となる可能性

Pfizer Suit Could Be an ‘Earthquake’ for Drug Pricing

裁判結果は製薬会社の業績に大きな影響

ファイザーが政府を提訴

Illustration by Chris Gash
ウォルター・ファイゲンソン氏は、製薬大手のファイザー<PFE>がビンダケルおよびビンダマックスの名称で販売している医薬品(一般名タファミジス)のポスター広告に患者として出演し、約1000ドルを受け取った。同薬は致命的な心臓疾患の治療薬である。1年間服用した場合の医薬品代は22万5000ドルで、これまで米国で販売された心臓血管薬の中で最も高い。同氏はこの価格について「恥知らずで極めて不当だ」と語る。

ファイゲンソン氏は事業から引退しており、社会保障…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Eleanor Laise
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

2021年1月17日号の読みどころ

2021年1月10日号の読みどころ

ランキング

ranking
  1. Welcome to the Roaring ’20s, but Maybe Not for Stocks, Our Experts Say
  2. With Rare Speed, Gene Editing Emerges as Biotech’s New Cutting Edge
  3. Fear Comes to the Stock Market. What Comes Next.
  4. Buy Zoom Video Stock, Analyst Says. It’s Just Too Cheap Right Now.
  5. As U.S. Fights Today’s Problems, Tomorrow’s Inflation Starts to Stir
  6. Jeremy Grantham’s Bubble Forecast Is an Outlier. Is He Right?
  7. Presidents Don’t Influence the Economy as Much as You Might Think
  8. The Stock Market Can’t Get Much Better From Here. Why a Correction Could Be Coming.
  9. Tesla Delivers First Chinese Built Model Ys. Here’s What That Means.
  10. Want to Use ETFs to Play Biotech? Choose Wisely.