効果ある短期戦略、純利益率に注目

A Short-Term Strategy That Works: Buy the Most-Profitable Companies

最近は株式リターンも良好

昨年はビザ、マスター、ベリサインなどが上位

Roy Rochlin/Getty Images
S&P500指数構成銘柄のうち約10%の企業は売上高純利益率が30%を超えている。これは営業利益率とか総利益率ではなく、最終利益の比率だ。構成銘柄の純利益率の平均は約14%。

投資家にとってより関心があるのは、最近は最も利益率の高い企業の株式リターンが利益率が劣る企業に勝っていることだ。

2019年実績に基づくと、S&P500のうち純利益率の高い上位10社はベリサイン<VRSN>、ビザ<VISA>、CMEグループ<CME>、マスターカード<MA>、ブロードコム<AVGO>、…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By AL ROOT
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

2020年10月18日の読みどころ

2020年10月11号の読みどころ

ランキング

ranking
  1. The Biggest Techs Can Get Bigger—and More Profitable.
  2. Investors Are Optimistic About Stocks
  3. A Dozen Stocks That Will Make Both Growth and Value Investors Happy
  4. How to Play the Next Industrial Revolution
  5. Wall Street Prepares for a Biden Victory
  6. A Short-Term Strategy That Works: Buy the Most-Profitable Companies
  7. Apple’s New iPhone Are Here — and Even One Wall Street Bear Thinks They’re Just Fine
  8. Summer’s ‘Signs of Froth’ Return to Stock Market
  9. Inside the Stock Market’s Indecisive Week
  10. Electric Vehicles and SPACs: What Could Go Wrong?