割安でグロースの12銘柄

A Dozen Stocks That Will Make Both Growth and Value Investors Happy

2021年のパフォーマンス改善が前提

増益率平均以上、PER平均未満は

LCVA/Dreamstime
株式のリターンを求める投資家らにとって、その方法は皆同じというわけではない。割安の(バリュー)株でリターンを追う者もいれば、高成長の銘柄が良好な投資結果をもたらすと信じ、低バリュエーション株を避ける投資もいる。長期的にはいずれの戦略も有効であり、恐らく両方のグループを満足させる銘柄もあるだろう。

本誌は増益率が平均を超え、かつ、株価収益率(PER)が平均を下回る銘柄を探した。この結果、割安でグロースの12銘柄が浮上した。

ヒューレット・…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By AL ROOT
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

2021年1月17日号の読みどころ

2021年1月10日号の読みどころ

ランキング

ranking
  1. Welcome to the Roaring ’20s, but Maybe Not for Stocks, Our Experts Say
  2. With Rare Speed, Gene Editing Emerges as Biotech’s New Cutting Edge
  3. Fear Comes to the Stock Market. What Comes Next.
  4. Buy Zoom Video Stock, Analyst Says. It’s Just Too Cheap Right Now.
  5. As U.S. Fights Today’s Problems, Tomorrow’s Inflation Starts to Stir
  6. Jeremy Grantham’s Bubble Forecast Is an Outlier. Is He Right?
  7. Presidents Don’t Influence the Economy as Much as You Might Think
  8. The Stock Market Can’t Get Much Better From Here. Why a Correction Could Be Coming.
  9. Tesla Delivers First Chinese Built Model Ys. Here’s What That Means.
  10. Want to Use ETFs to Play Biotech? Choose Wisely.