WEEKLY 2020年11月1日号

まだら模様となったハイテク企業の決算発表

The Good, Bad, and Just Plain Odd From Tech’s Earnings

勝者はアップル、アマゾン、アルファベット、敗者はツイッター

アップルの業績悪化懸念は行き過ぎ

Alexander Shcherbak/TASS/Getty Images
10月29日、アップル<AAPL>、アマゾン・ドット・コム<AMZN>、アルファベット<GOOGL>、フェイスブック<FB>、ツイッター<TWTR>が相次いで発表した四半期決算を受けて、ウォール街のアナリスト、投資家、ハイテク株コラムニストはいら立っていた。何が問題だったのか。

アップルの時価総額は依然として世界最大とはいえ、株価は最高値から20%下落している。投資家は新型iPhone (アイフォーン)12をしきりに話題にしているが、出荷が始まったばかりで、7-9月期の…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Eric J. Savitz
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. Lordstown, Hyliion, and 13 Other EV and AV Stocks Are Getting Added to the Russell 3000. Why It Matters.
  2. How Tech Stocks Could Beat Financials Stocks
  3. Bitcoin Is a Fail for Retail Investors, Goldman Sachs Team Warns
  4. Why These 24 Controversial S&P 500 Stocks Could Be Worth Buying
  5. The Dow Just Had Its Worst Week Since October. What Happens Next.
  6. Self-Driving Cars Are Closer Than You Think
  7. Could These Stocks Be the Next Tesla?
  8. 7 Risks That Are Creating a New Market Paradigm
  9. On the Crisis and Inflation, Barron’s Shows How the Past Can Be Prologue
  10. Why Yield-Hungry Investors Are Looking to Energy Stocks