WEEKLY 2020年11月1日号

AT&Tの配当利回りは高いが安全

Forget AT&T’s Lofty 7.8% Yield. Its Dividend Looks Safe.

エクソンモービルの場合との比較

36年連続で増配達成

David Paul Morris/Bloomberg
昨年末、情報通信・メディアコングロマリットであるAT&T<T>が四半期配当を1セント(2%)増やし、1株当たり52セントにすると発表した。これで同社は36年連続で増配を達成したことになり、過去25年以上連続して増配している企業(現在は64銘柄)からなるS&P500配当貴族指数の構成銘柄の地位もしっかり維持した。

AT&Tの増配が37年続くことになるかどうかは議論の余地がある。同社は現在、新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)による売り上げ減少に見舞わ…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Lawrence C. Strauss
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. Apple Earnings Were Spectacular. Why Its Stock Dropped.
  2. Tech’s Big Five Had Fantastic Pandemics.
  3. The Stock Market Ignored the Fed Meeting. Why That Could Be a Mistake.
  4. Why Bank of America Stock Is a Buy. Here’s Why.
  5. U.S. Pot Producers Are Growing Like Weeds. Here’s How to Buy In.
  6. What Happens When Governments Go Crypto
  7. Inflation Is Coming. 5 Stocks to Buy Now.
  8. The Market Did Nothing—Unless You Peer Beneath the Surface
  9. A Fund Cleans Up by Betting on Clean Energy
  10. Who’s Afraid of Higher Capital-Gains Tax? Not Stocks, at Least for Now.