アップル、過去2年に50億ドルの支出削減

Apple Has Cut $5 Billion From Its Spending. What That Means for the Stock.

バーンスタイン「製造パートナーへの投資圧縮か」

キャッシュフロー、利益率が拡大

Mladen Antonov/AFP via Getty Images
アップル<AAPL>は過去2年間に製造インフラへの投資額を約50億ドル削減し、この結果、キャッシュフローは10%増え、利益率が拡大した。

バーンスタインのアナリスト、トニー・サッコナギ氏の17日のノートによると、アップルは従来、中国の部品サプライヤーの製造装置に投資し、事実上、ハードウエア部品の製造能力を確保するために第3者への資金提供を行ってきたが、この支出を削っている。削減の結果、この2年間、非GAAP(米会計基準)ベースでフリーキャッシュフロー…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By MAX A. CHERNEY
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

2020年11月29日号の読みどころ

2020年11月22日号の読みどころ

ランキング

ranking
  1. Tesla Is About to Upend This Sector. What Investors Should Do Now.
  2. The ‘Don’t Worry, Be Happy’ Stock Market
  3. Apple’s New MacBooks Have Delighted Critics.
  4. Tesla Storms the S&P500. Here’s the Bull Case.
  5. Joe Biden Wants to Change Tax Policy. Here’s What He Might Accomplish
  6. The S&P 500 Could Jump 20% Next Year. Three Strategists Explain Why.
  7. Will Past Be Prologue for Yellen at Treasury?
  8. Ford Can Be Fixed. Why Its Stock Could Double
  9. Companies That Fail to Measure Impact Will Be Left Behind, This Investor Warns
  10. Big Names Line Up for IPOs as 2020 Draws to a Close