S&P500、来年20%高も

The S&P 500 Could Jump 20% Next Year. Three Strategists Explain Why.

ワクチン、低金利がカギ

ゴールドマン、PER22倍を想定

Palinchak/Dreamstime
株式市場は、新型コロナウイルスワクチンと低金利という強力な組み合わせにより来年も騰勢を続けるかもしれない。

S&P500指数は10月28日以来約11%高。大半のセクターが上げている。最近、医薬品メーカー数社が食品医薬品局(FDA)によるワクチン承認へほぼ準備が整ったと発表した。

それでも、ウォール街ではS&P500が来年さらに約20%上げるとの見方が多い。ワクチンにより短期的に業績に勢いが出ること、低金利により高バリュエーションが維持されること。この二つ…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By JACOB SONENSHINE
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

2021年1月17日号の読みどころ

2021年1月10日号の読みどころ

ランキング

ranking
  1. Welcome to the Roaring ’20s, but Maybe Not for Stocks, Our Experts Say
  2. With Rare Speed, Gene Editing Emerges as Biotech’s New Cutting Edge
  3. Fear Comes to the Stock Market. What Comes Next.
  4. Buy Zoom Video Stock, Analyst Says. It’s Just Too Cheap Right Now.
  5. As U.S. Fights Today’s Problems, Tomorrow’s Inflation Starts to Stir
  6. Jeremy Grantham’s Bubble Forecast Is an Outlier. Is He Right?
  7. Presidents Don’t Influence the Economy as Much as You Might Think
  8. The Stock Market Can’t Get Much Better From Here. Why a Correction Could Be Coming.
  9. Tesla Delivers First Chinese Built Model Ys. Here’s What That Means.
  10. Want to Use ETFs to Play Biotech? Choose Wisely.