WEEKLY 2020年12月13日号

セレブ関与のSPACにご用心

Be Wary of Celebrity-Backed SPACs

経験豊富な人材に注目すべきだ

SPACブーム

Jane Tyska/Digital First Media/The Mercury News via Getty Images
オークランド・アスレチックスの上級副社長で映画『マネーボール』で描かれたビリー・ビーン氏、元宇宙飛行士のスコット・ケリー氏、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)のオールスターゲームに15回選ばれたシャキール・オニール氏、下院前議長のポール・ライアン氏には、特別買収目的会社(SPAC)に関与しているという共通点がある。有名人の参加は、SPAC市場が熱狂の最中にあることを示唆する。

データ提供会社のSPACインサイダーによると、2020年…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Nicholas Jasinski
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  2. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  3. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  6. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. Stocks Dropped From a Key Level—Again. What That Means.
  9. The Stock Market Could Get Crazy Again With a Volatility Spike
  10. Housing Stocks Are Down. But There Are Already Signs of a Rebound.