ロビンフッド、IPOへハードル

Robinhood Is Expected to Be a Top IPO in 2021. Recent Regulatory Actions Show the Hurdles Ahead.

SECとは6500万ドル支払い和解

収入源の多様化必要

Jessica Hill/AP/Shutterstock
手数料無料のオンラインブローカー、ロビンフッド・マーケッツが来年、新規株式公開(IPO)を行う見込みだ。今年の顧客数の伸びは、すべての競合相手を上回ったが、長期的な成功はこの1週間に2件あった規制関連の動きにいかに対応するかにかかっている。

1300万人超の顧客を持つロビンフッドは200億ドル超の企業価値が見込まれ、2021年の最大のIPOの一つになる可能性がある。

そこに至るには、本誌が8月のカバーストーリーで指摘した変化を加速させることが必要かも…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By AVI SALZMAN
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

ランキング

ranking
  1. BlackRock Sees Opportunities in Energy and Healthcare Stocks in 2023
  2. After Tesla, EV Stock Choices Are Clear but Not Great
  3. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  4. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  5. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  6. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  9. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading
  10. Housing Stocks Are Down. But There Are Already Signs of a Rebound.