WEEKLY 2020年12月27日号

アップルが目指すのは自動車インターネットがもたらす広大なサービス市場

What Apple Would Want From the Auto Market. It’s Not About Making Cars

自動車メーカーになる戦略は見込み薄

アップルの技術を搭載したiCarは魅力的かもしれない

Christian Kaspar-Bartke/Getty Images
アップル<AAPL>が2024年に自動運転が可能な電気自動車(EV)「iCar」を発売する可能性があるとしたロイター通信の12月21日付の報道を受けてアップル株は上昇し、21日の安値から23日の終値までの間に時価総額は約1450億ドル増加した。

アップルが自動車市場への参入を狙っているとのうわさは10年以上前から続いている。アップルでかつて取締役を務めていたミッキー・ドレクスラー氏は2014年に受けたインタビューで、「故スティーブ・ジョブズ氏はiCarを設計するつもり…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Eric J. Savitz
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. Lordstown, Hyliion, and 13 Other EV and AV Stocks Are Getting Added to the Russell 3000. Why It Matters.
  2. How Tech Stocks Could Beat Financials Stocks
  3. Bitcoin Is a Fail for Retail Investors, Goldman Sachs Team Warns
  4. Why These 24 Controversial S&P 500 Stocks Could Be Worth Buying
  5. The Dow Just Had Its Worst Week Since October. What Happens Next.
  6. Self-Driving Cars Are Closer Than You Think
  7. Could These Stocks Be the Next Tesla?
  8. 7 Risks That Are Creating a New Market Paradigm
  9. On the Crisis and Inflation, Barron’s Shows How the Past Can Be Prologue
  10. Why Yield-Hungry Investors Are Looking to Energy Stocks