WEEKLY 2021年1月3日号

2021年のインカム投資対象ランキング

Barron’s Best Income Investments for 2021

債券は不毛の地、株式に機会集中

9回目の本誌ランキングを開催

Illustration by C.J. Burton
債券利回りが歴史的な低水準にとどまっているため、債券市場はインカム不毛の地となっている。しかし、どこを探すべきかを知っていれば、他の場所で豊かな収穫を得られる。コロンビア・フレキシブル・キャピタル・インカム・ファンドの共同マネジャーであるデービッド・キング氏は、「金利は過去最低を辛うじて上回っているにすぎないため、利回りを得る機会は株式市場に集中している」と語る。

セクター別の配当利回りは、例えばエネルギーパイプラインの運営会社が8%…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Andrew Bary
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  2. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  3. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  6. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. Stocks Dropped From a Key Level—Again. What That Means.
  9. The Stock Market Could Get Crazy Again With a Volatility Spike
  10. Housing Stocks Are Down. But There Are Already Signs of a Rebound.