WEEKLY 2021年1月3日号

消費回復を見越した投資は小さく始めてみよう

It’s Best To Think Small When Playing a Rebound in Consumer Spending

一般消費財セクターの小型株を推奨

ゴールドマン、2021年の回復に強気

Courtesy El Pollo Loco
筆者の2021年への期待は低い。次の夏、除菌用アルコールの手作りをしなくなり、オオスズメバチが落雷による山火事に恐れをなしていなくなることを祈っていなければ、それだけで前年に比べて良い年だと言えるだろう。

一方、ゴールドマン・サックスはなかなか強気だ。2021年の秋までに先進国では70%の人々にワクチンが接種され、米国企業の年間利益は過去最高を更新すると言う。バリュエーションは既に高いが、2021年のS&P500指数の上昇率は15%を超えると予想する。

有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Jack Hough
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  2. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  3. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  6. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. Stocks Dropped From a Key Level—Again. What That Means.
  9. The Stock Market Could Get Crazy Again With a Volatility Spike
  10. Housing Stocks Are Down. But There Are Already Signs of a Rebound.