NYダウ、1998年以来の低リターン

The Dow Trailed the S&P 500 in 2020. It Was the Blue Chips’ Worst Relative Performance Since 1998.

S&P500を10ポイント下回る

ボーイングの下げ響く

David Ryder/Getty Images
2020年はダウ工業株30種平均にとって期待外れの年だった。配当を含めたリターンは9.7%で、S&P500指数の18.4%を下回り、ナスダック総合指数の45%には遠く及ばなかった。

S&P500との比較では、S&P500のリターン28.6%を10ポイント下回った1998年以来最低のパフォーマンスだ。

ボーイング<BA>が34%安の214ドルに沈んだことが響いた。NYダウはこれだけで700ポイント目減りした。2020年初めボーイングの株価は構成銘柄のうちで最も高いものの一つだったため、(単に…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By ANDREW BARY
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

2021年1月17日号の読みどころ

2021年1月10日号の読みどころ

ランキング

ranking
  1. Welcome to the Roaring ’20s, but Maybe Not for Stocks, Our Experts Say
  2. With Rare Speed, Gene Editing Emerges as Biotech’s New Cutting Edge
  3. Fear Comes to the Stock Market. What Comes Next.
  4. Buy Zoom Video Stock, Analyst Says. It’s Just Too Cheap Right Now.
  5. As U.S. Fights Today’s Problems, Tomorrow’s Inflation Starts to Stir
  6. Jeremy Grantham’s Bubble Forecast Is an Outlier. Is He Right?
  7. Presidents Don’t Influence the Economy as Much as You Might Think
  8. The Stock Market Can’t Get Much Better From Here. Why a Correction Could Be Coming.
  9. Tesla Delivers First Chinese Built Model Ys. Here’s What That Means.
  10. Want to Use ETFs to Play Biotech? Choose Wisely.