配当・自社株買いでレイモンド、ターゲット

Dividends and Buybacks Will Rise in 2021. These 13 Stocks Could Be Cheap Plays.

本誌が選ぶ13銘柄

株主還元承認が後押し

NYSEfile
経済環境の改善や増収・増益、さらにキャッシュを積み上げておく必要が薄れたため、2021年には企業の配当や自社株買いが増えるかもしれない。ゴールドマン・サックスのアナリストはS&P500指数構成銘柄の配当が5%増え、自社株買いは15%増加すると予想する。

本誌はS&P500銘柄を対象に、2021年に株主還元を拡大する能力があるとみられる企業をピックアップした。2019年に少なくとも2億5000万ドルの自社株を購入した配当企業で、配当はフリーキャッシュフローの3分の2未…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By NICHOLAS JASINSKI
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

2021年1月17日号の読みどころ

2021年1月10日号の読みどころ

ランキング

ranking
  1. Welcome to the Roaring ’20s, but Maybe Not for Stocks, Our Experts Say
  2. With Rare Speed, Gene Editing Emerges as Biotech’s New Cutting Edge
  3. Fear Comes to the Stock Market. What Comes Next.
  4. Buy Zoom Video Stock, Analyst Says. It’s Just Too Cheap Right Now.
  5. As U.S. Fights Today’s Problems, Tomorrow’s Inflation Starts to Stir
  6. Jeremy Grantham’s Bubble Forecast Is an Outlier. Is He Right?
  7. Presidents Don’t Influence the Economy as Much as You Might Think
  8. The Stock Market Can’t Get Much Better From Here. Why a Correction Could Be Coming.
  9. Tesla Delivers First Chinese Built Model Ys. Here’s What That Means.
  10. Want to Use ETFs to Play Biotech? Choose Wisely.