WEEKLY 2021年1月10日号

古き良き物

Oldies but Goodies: Some Century-Old Stocks Still Deliver

100年前から生き残っている企業

サバイバル

Underwood & Underwood/Library of Congress
100年を生き残ることは難しく、特に、上場企業であればなおさらだ。ダウ工業株30種平均(NYダウ)の過去100年間の年率リターンは10%を超えているが、多くの企業が買収または売却されるか破綻するなどして消え去った。例えば、小売りのシアーズ・ホールディングス<SHLDQ>は1906年に上場して、2018年に破綻を申請した。ゼネラル・モーターズ(GM)<GM>は1908年に上場し、2009年に破産法適用を申請した。会社の規模を縮小したGMは復活したが、シアーズが最大の小売企業だ…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Al Root and Jacob Sonenshine
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

2021年1月17日号の読みどころ

2021年1月10日号の読みどころ

ランキング

ranking
  1. Welcome to the Roaring ’20s, but Maybe Not for Stocks, Our Experts Say
  2. With Rare Speed, Gene Editing Emerges as Biotech’s New Cutting Edge
  3. Fear Comes to the Stock Market. What Comes Next.
  4. Buy Zoom Video Stock, Analyst Says. It’s Just Too Cheap Right Now.
  5. As U.S. Fights Today’s Problems, Tomorrow’s Inflation Starts to Stir
  6. Jeremy Grantham’s Bubble Forecast Is an Outlier. Is He Right?
  7. Presidents Don’t Influence the Economy as Much as You Might Think
  8. The Stock Market Can’t Get Much Better From Here. Why a Correction Could Be Coming.
  9. Tesla Delivers First Chinese Built Model Ys. Here’s What That Means.
  10. Want to Use ETFs to Play Biotech? Choose Wisely.