WEEKLY 2021年1月17日号

狂騒の20年代にようこそ。ただし、株価はそれほどでない可能性

Welcome to the Roaring ’20s, but Maybe Not for Stocks, Our Experts Say

投資のプロによる2021年市場見通しと推奨銘柄

景気は回復へ、株価は上昇するのか?

Illustrations by Helen Green
狂騒の20年代にようこそ。画期的なワクチンのお陰で世界が新型コロナウイルスについに別れを告げる時、米国人は1920年代以来の生きる喜びと共に隠れ家から出てくると予想される。それは経済にとっても企業にとっても朗報だ。

ただし、ウォール街は昨年既に一足早く祝っているために、実体経済のパーティーが金融市場に波及するとは期待しない方が良い。現在の株価は非常に割高で、思惑が広がり、良いニュースが多くの株価に織り込まれている。そのため株式にとっては、…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Lauren R. Rublin
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  2. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  3. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  6. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. Stocks Dropped From a Key Level—Again. What That Means.
  9. The Stock Market Could Get Crazy Again With a Volatility Spike
  10. Housing Stocks Are Down. But There Are Already Signs of a Rebound.