WEEKLY 2021年1月17日号

歴代大統領は読者が考える程には経済を左右していない

Presidents Don’t Influence the Economy as Much as You Might Think

政治的な振れにも関わらず、経済は我が道を行く

大きな政府へ

Harris & Ewing/Library of Congress
1924年の共和党大統領候補カルビン・クーリッジ氏は、ウォーレン・ハーディング大統領の急死のあと副大統領から昇格した現職だったが初めての大統領選挙で、汚職スキャンダルに悩まされたハーディング政権を受けての出馬であり、レッセフェール(自由放任主義)の真の支持者でありかつ誠実で正直という、極めて稀な組み合わせの政治家であった。

当時、バロンズはクーリッジ氏の地滑り的勝利を「政治的かつ経済的常識の圧勝」と呼び、ダウ工業株30種平均は賛同し、同大…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Kenneth G. Pringle
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. Lordstown, Hyliion, and 13 Other EV and AV Stocks Are Getting Added to the Russell 3000. Why It Matters.
  2. How Tech Stocks Could Beat Financials Stocks
  3. Bitcoin Is a Fail for Retail Investors, Goldman Sachs Team Warns
  4. Why These 24 Controversial S&P 500 Stocks Could Be Worth Buying
  5. The Dow Just Had Its Worst Week Since October. What Happens Next.
  6. Self-Driving Cars Are Closer Than You Think
  7. Could These Stocks Be the Next Tesla?
  8. 7 Risks That Are Creating a New Market Paradigm
  9. On the Crisis and Inflation, Barron’s Shows How the Past Can Be Prologue
  10. Why Yield-Hungry Investors Are Looking to Energy Stocks