ズームは下げ過ぎ、「買い」

Buy Zoom Video Stock, Analyst Says. It’s Just Too Cheap Right Now.

バーンスタインが最推奨銘柄に

クラウド電話、2年で100万件

Dreamstime
ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ<ZM>は10月半ば以来約35%下げている。経済が再開し、少なくとも企業の従業員の一部がオフィスで再び仕事をするようになった際にズームの成長率がどれほど抑えられるか、投資家が懸念していることが背景だ。しかし、売られ過ぎではないだろうか。

バーンスタインのアナリスト、ゼイン・クレイン氏は15日、ズームの投資判断を「アウトパフォーム」に、目標株価を610ドルに、それぞれ据え置いた。「2021年の最推奨銘柄」とした。
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By ERIC J. SAVITZ
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

2021年2月28日号の読みどころ

2021年2月21日号の読みどころ

ランキング

ranking
  1. The Nikkei 225 Is Entering a New Bull Market for U.S. Investors
  2. What to Buy When Good News Means Bad News for Stocks
  3. Rising Rates Are Crushing Tech Stocks. These 10 Can Still Thrive
  4. Rising Treasury Yields Signal This Rally Could Be Nearing an End
  5. Tesla’s Model 3 Line Is Shut. Here’s What That Means.
  6. Utilities: How Investors Can Plug In to the Greening of America
  7. ‘Reflation Trade’ Looks Promising. These Assets Look Too Hot.
  8. Stocks Briefly Had a Lower Yield Than the 10-Year Treasury. Why That Matters.
  9. Credit Suisse Raised its S&P 500 Price Target. Thank Earnings Momentum.
  10. ARK’s Success Has Spawned an Outpouring of New Innovation Funds.