WEEKLY 2021年2月14日号

好材料は懸念材料でもある

The Reasons to Be Hopeful Are Also the Reasons to Worry

経済再開が利回りの上昇につながった場合の影響

指数の動きの底流に注目

確かに、あまりに多くの好材料が山積みになっているようだ。そして、株式市場はその状況が今後の上昇にどのような影響があるかを織り込み始めている。

ただし、先週の市場を見ただけでは分からないだろう。主要株価指数を見ると、ダウ工業株30種平均は1%上昇して3万1458ドル40セントとなり、S&P500指数は1.2%高の3934.83で引けた。ナスダック総合指数は1.7%上昇して1万4095.47となり、3指数とも史上最高値で1週間の取引を終えた。

この動きからは状況がよくわから…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Ben Levisohn
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. Lordstown, Hyliion, and 13 Other EV and AV Stocks Are Getting Added to the Russell 3000. Why It Matters.
  2. How Tech Stocks Could Beat Financials Stocks
  3. Bitcoin Is a Fail for Retail Investors, Goldman Sachs Team Warns
  4. Why These 24 Controversial S&P 500 Stocks Could Be Worth Buying
  5. The Dow Just Had Its Worst Week Since October. What Happens Next.
  6. Self-Driving Cars Are Closer Than You Think
  7. Could These Stocks Be the Next Tesla?
  8. 7 Risks That Are Creating a New Market Paradigm
  9. On the Crisis and Inflation, Barron’s Shows How the Past Can Be Prologue
  10. Why Yield-Hungry Investors Are Looking to Energy Stocks