金より銅に輝き

The Case For Gold Is Dimming. Here’s What Looks Brighter.

ワクチン、景気刺激策で工業金属に需要

供給ほぼ変わらず

Andrey Rudakov/Bloomberg
金相場の輝きが最近失われる一方で、一部の工業用金属が多くのレベルで魅力的に見えている。

金相場は若干下向きの傾向にあり、8月に付けた最近の高値を9%強下回っている。ただ、確かに、一部のテクニカル指標はまだ懸念する時ではないことを示している。

銅の話は異なる。銅は景気循環的な工業用金属の一つであり、相場のパフォーマンスは景気が強ければ良くなり、景気が鈍化すると悪くなる。銅先物相場は世界的に景気敏感・高リスク資産への資金流入が始まった9月…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By JACOB SONENSHINE
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

ランキング

ranking
  1. Disney’s ‘Triple Play’ Signals a Bright Future
  2. Amazon Could Be Worth $3 Trillion in Three Years, Analyst Says
  3. How Much Money Should I Spend on Coinbase Stock? Financial Advisers Offer Guidance to Young Investors.
  4. Will Tesla Be the Next Apple? Here’s How Investors Can Play It.
  5. The 24 Most-Hated Stocks in the S&P 500, and Why You Should Love Them
  6. Why a Top Fund Manager Is Worried About Speculative Excess
  7. T-Mobile and 13 Other Stocks That Could Pop on Earnings
  8. Apple Could Crush Earnings Estimates. One Analyst Explains How.
  9. The Top 100 Financial Advisors and Teams
  10. These Active Small-Cap Funds Are Ready to Run