WEEKLY 2021年2月28日号

電力会社を通じて米国の脱炭素化に投資

Utilities: How Investors Can Plug In to the Greening of America

高配当利回りで割安

風力・太陽光発電への転換の中心

Photograph by Sarah Anne Ward
環境意識が高い投資家が銘柄を探すとき、煙突が突き出た発電所は選択肢に入らないかもしれない。しかし、電力会社は今後15年間の石炭から風力・太陽光への劇的な転換の中心に位置している。これは環境と投資家の両方に大きな恩恵をもたらすだろう。公益企業の株式とこれに投資するファンドは、この極めて重要な移行に乗るための割安な手段となる。

今後10年間で、風力や太陽光などのクリーンエネルギーが米国の電力業界の発電能力に占める割合は現在の13%から39%に上…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Andrew Bary
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. Disney’s ‘Triple Play’ Signals a Bright Future
  2. Amazon Could Be Worth $3 Trillion in Three Years, Analyst Says
  3. How Much Money Should I Spend on Coinbase Stock? Financial Advisers Offer Guidance to Young Investors.
  4. Will Tesla Be the Next Apple? Here’s How Investors Can Play It.
  5. The 24 Most-Hated Stocks in the S&P 500, and Why You Should Love Them
  6. Why a Top Fund Manager Is Worried About Speculative Excess
  7. T-Mobile and 13 Other Stocks That Could Pop on Earnings
  8. Apple Could Crush Earnings Estimates. One Analyst Explains How.
  9. The Top 100 Financial Advisors and Teams
  10. These Active Small-Cap Funds Are Ready to Run