WEEKLY 2021年2月28日号

明るいニュースが株価には悪材料となる状況で買うべきものとは

What to Buy When Good News Means Bad News for Stocks

ウォール街ストラテジストの見方

明るいニュースに動揺する株式市場

Getty Images
新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)と経済に関する明るいニュースが急増したことで債券市場は動揺し、株価が急落した。こうした明るくも不吉な展開に今後どのように対処していくべきか、ウォール街のストラテジストに考えを聞いてみた。また、電気自動車メーカーのテスラ<TSLA>の株価とビットコイン価格の急落を受け、この両方に多額の投資を行い、もうけを出した女性に今後の強気シナリオについて説明してもらった。

先週、私はS&P500指数構成企業の第4…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Jack Hough
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. With Cases on the Rise, Travel’s Rebound Faces a Big Test
  2. Rising Covid Cases Put the Recovery at Risk
  3. Airbnb’s Brian Chesky Sees a ‘Travel Rebound of the Century
  4. The Dow Just Hit 35,000. Why Monday’s Selloff Didn’t Prove Fatal.
  5. This Fund Delivers Big Gains Without Big Tech
  6. Buy This Stock. It’s a Bet on Clean Water.
  7. Musk Tweets That Tesla Will Share Its Charging Network.
  8. The New Thing in Batteries Isn’t for EVs. Think Wind Power.
  9. Don’t Look Now, but Tesla Is a Mature Business
  10. The Robinhood IPO Is Coming Soon. Steer Clear.