WEEKLY 2021年2月28日号

明るいニュースが株価には悪材料となる状況で買うべきものとは

What to Buy When Good News Means Bad News for Stocks

ウォール街ストラテジストの見方

明るいニュースに動揺する株式市場

Getty Images
新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)と経済に関する明るいニュースが急増したことで債券市場は動揺し、株価が急落した。こうした明るくも不吉な展開に今後どのように対処していくべきか、ウォール街のストラテジストに考えを聞いてみた。また、電気自動車メーカーのテスラ<TSLA>の株価とビットコイン価格の急落を受け、この両方に多額の投資を行い、もうけを出した女性に今後の強気シナリオについて説明してもらった。

先週、私はS&P500指数構成企業の第4…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Jack Hough
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. Disney’s ‘Triple Play’ Signals a Bright Future
  2. Amazon Could Be Worth $3 Trillion in Three Years, Analyst Says
  3. How Much Money Should I Spend on Coinbase Stock? Financial Advisers Offer Guidance to Young Investors.
  4. Will Tesla Be the Next Apple? Here’s How Investors Can Play It.
  5. The 24 Most-Hated Stocks in the S&P 500, and Why You Should Love Them
  6. Why a Top Fund Manager Is Worried About Speculative Excess
  7. T-Mobile and 13 Other Stocks That Could Pop on Earnings
  8. Apple Could Crush Earnings Estimates. One Analyst Explains How.
  9. The Top 100 Financial Advisors and Teams
  10. These Active Small-Cap Funds Are Ready to Run