WEEKLY 2021年3月14日号

コロナ発生から1年、米国の前途が明るい理由

A Year Since Covid Gripped America. Why the Road Ahead Looks Bright

今後数カ月間の米国経済は過去数十年で経験したことのないものになる

新たなスタートを切る転換点か

Photo Illustration by Neil Jamieson
ちょうど1年前、新型コロナウイルスが米国中に蔓延(まんえん)し始めた時、経済活動は事実上停止し、失業者は2000万人を超え、株式市場は大暴落した。しかし、米連邦準備制度理事会(FRB)と米国政府の迅速かつ劇的な対応と、記録的な速さでのワクチン開発により、第二の惨事を回避することができた。また、経済が記録的な速さで回復し、株式市場も最高値を連続して更新した。新型コロナウイルスに伴う行動制限措置の解除が間近に迫っている今、米国は新たなスタートを切…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Ben Levisohn
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. With Cases on the Rise, Travel’s Rebound Faces a Big Test
  2. Rising Covid Cases Put the Recovery at Risk
  3. Airbnb’s Brian Chesky Sees a ‘Travel Rebound of the Century
  4. The Dow Just Hit 35,000. Why Monday’s Selloff Didn’t Prove Fatal.
  5. This Fund Delivers Big Gains Without Big Tech
  6. Buy This Stock. It’s a Bet on Clean Water.
  7. Musk Tweets That Tesla Will Share Its Charging Network.
  8. The New Thing in Batteries Isn’t for EVs. Think Wind Power.
  9. Don’t Look Now, but Tesla Is a Mature Business
  10. The Robinhood IPO Is Coming Soon. Steer Clear.