アップル株はまだ安い?

Why One Analyst Thinks Apple Shares Still Look Cheap

エバーコアISIのアナリストが消費財メーカーの視点で分析

割高説は誤り

Christof Stache / AFP via Getty Images
アップル<AAPL>の株価は16日、エバーコアISIのアナリスト、アミット・ダリヤナニ氏の分析を材料に上昇した。同氏はレポートで、目標株価を163ドルから175ドルに上方修正した上で、「アウトパフォーム」を維持した。

分析レポートは126ページにも上る。同氏はこの中でアップルについて「今後数年間、1桁半ばの売り上げ伸び率と、10%台半ばのトータルリターンを維持できる状況が整っている」と指摘した。

同氏は、アップル株が2020年にS&P500株価指数の上昇率の5倍に…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Eric J. Savitz
(Source: Dow Jones)
翻訳
大嶋聖一

ランキング

ranking
  1. Disney’s ‘Triple Play’ Signals a Bright Future
  2. Amazon Could Be Worth $3 Trillion in Three Years, Analyst Says
  3. How Much Money Should I Spend on Coinbase Stock? Financial Advisers Offer Guidance to Young Investors.
  4. Will Tesla Be the Next Apple? Here’s How Investors Can Play It.
  5. The 24 Most-Hated Stocks in the S&P 500, and Why You Should Love Them
  6. Why a Top Fund Manager Is Worried About Speculative Excess
  7. T-Mobile and 13 Other Stocks That Could Pop on Earnings
  8. Apple Could Crush Earnings Estimates. One Analyst Explains How.
  9. The Top 100 Financial Advisors and Teams
  10. These Active Small-Cap Funds Are Ready to Run