WEEKLY 2021年3月21日号

今週の予定

How the Big Tobacco Giants Can Survive the Last Smoker

逆風の中、たばこ大手はどう生き残る

2050年に喫煙者はゼロか

Illustration by Elias Stein
2050年までに喫煙者がいなくなったらどうなるだろう。シティグループのアナリストであるアダム・スピルマン氏が最初にこう問いかけたのは10年前にさかのぼる。以来、禁煙する人の数は増え続け、「この傾向が続けば、やがて減少のペースが徐々に加速し、米国、欧州の一部、オーストラリア、そして中南米の大部分で2050年を待たずにたばこは消え去るだろう」と同氏は言う。

とはいえ、喫煙率が上昇している国もある。また、従来の紙巻きたばこに代わる低リスク代替製品に…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Teresa Rivas
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. Lordstown, Hyliion, and 13 Other EV and AV Stocks Are Getting Added to the Russell 3000. Why It Matters.
  2. How Tech Stocks Could Beat Financials Stocks
  3. Bitcoin Is a Fail for Retail Investors, Goldman Sachs Team Warns
  4. Why These 24 Controversial S&P 500 Stocks Could Be Worth Buying
  5. The Dow Just Had Its Worst Week Since October. What Happens Next.
  6. Self-Driving Cars Are Closer Than You Think
  7. Could These Stocks Be the Next Tesla?
  8. 7 Risks That Are Creating a New Market Paradigm
  9. On the Crisis and Inflation, Barron’s Shows How the Past Can Be Prologue
  10. Why Yield-Hungry Investors Are Looking to Energy Stocks