第1四半期好調、大幅続伸見込み薄

Stocks Had a Good First Quarter. Significant Gains Are Less Likely Now.

経済回復はピーク到達、大きな材料なし

S&P500は5.8%高、小型株は13%高

Dreamstime
株価は第1四半期に強かったが、上昇ペースは今後鈍化する見込みだ。投資家は必ずしも脱出しなければならないというわけではないが、より選択的になるべきだ。

S&P500指数は年初の3カ月間で5.8%上げた。追い風は十分だった。COVID-19のワクチン接種が加速するとともに、数兆ドルの財政支出により需要が拡大した。

経済は2020年のロックダウン(都市封鎖)による打撃から急速に回復しつつある。民間雇用サービス会社ADPの雇用報告によると、3月の非農業部門の民間就業…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By JACOB SONENSHINE
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

ランキング

ranking
  1. Disney’s ‘Triple Play’ Signals a Bright Future
  2. Amazon Could Be Worth $3 Trillion in Three Years, Analyst Says
  3. How Much Money Should I Spend on Coinbase Stock? Financial Advisers Offer Guidance to Young Investors.
  4. Will Tesla Be the Next Apple? Here’s How Investors Can Play It.
  5. The 24 Most-Hated Stocks in the S&P 500, and Why You Should Love Them
  6. Why a Top Fund Manager Is Worried About Speculative Excess
  7. T-Mobile and 13 Other Stocks That Could Pop on Earnings
  8. Apple Could Crush Earnings Estimates. One Analyst Explains How.
  9. The Top 100 Financial Advisors and Teams
  10. These Active Small-Cap Funds Are Ready to Run