WEEKLY 2021年4月4日号

インカム投資は「ダウの犬」、再開銘柄、REIT、優先証券が有望

Fund Vet’s Top Picks: ‘Dogs,’ Reopen Plays, REITs, and Preferreds

ベテランファンドマネジャーが明かす金利上昇局面の投資手法

難しい状況にある債券市場

Tony Luong
30年以上の経験を持つインカム投資のベテランファンドマネジャー、デーブ・キング氏は、債券全般を警戒し、一部の株式の方がインカム投資としては好ましいとみている。コロンビア・スレッドニードル・インベストメンツのインカムおよびグロース戦略の責任者である同氏は本誌に、「債券市場は今難しい状況にある。高クオリティの債券は利回りが上昇しているが、依然として水準としては低い。利回りが通常の水準に戻れば、多額の含み損を抱えることになる」と語った。

10…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Lawrence C. Strauss
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. Disney’s ‘Triple Play’ Signals a Bright Future
  2. Amazon Could Be Worth $3 Trillion in Three Years, Analyst Says
  3. How Much Money Should I Spend on Coinbase Stock? Financial Advisers Offer Guidance to Young Investors.
  4. Will Tesla Be the Next Apple? Here’s How Investors Can Play It.
  5. The 24 Most-Hated Stocks in the S&P 500, and Why You Should Love Them
  6. Why a Top Fund Manager Is Worried About Speculative Excess
  7. T-Mobile and 13 Other Stocks That Could Pop on Earnings
  8. Apple Could Crush Earnings Estimates. One Analyst Explains How.
  9. The Top 100 Financial Advisors and Teams
  10. These Active Small-Cap Funds Are Ready to Run