WEEKLY 2021年4月4日号

熱狂相場にまだ相当の上値余地

This Torrid Market Still Has Plenty of Room to Run

景気敏感株と成長株の両方の組み入れを

昨年の出遅れ銘柄が勝者に

第1四半期に教訓があったとすれば、すべての銘柄が日の目を見る時が最後にはやってくるということだろう。

昨年の出遅れ銘柄が第1四半期の勝者となった。S&P500指数は第1四半期に5.8%とかなり上昇したが、エネルギー、金融、資本財の各セクターの2桁の上昇率によるものだ。一方、昨年の新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)時に市場を支えたハイテクや生活必需品は相対的に出遅れ、1桁台前半の上昇にとどまった。

他の主要株価指数の第1四半期のパフォー…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Carleton English
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. Disney’s ‘Triple Play’ Signals a Bright Future
  2. Amazon Could Be Worth $3 Trillion in Three Years, Analyst Says
  3. How Much Money Should I Spend on Coinbase Stock? Financial Advisers Offer Guidance to Young Investors.
  4. Will Tesla Be the Next Apple? Here’s How Investors Can Play It.
  5. The 24 Most-Hated Stocks in the S&P 500, and Why You Should Love Them
  6. Why a Top Fund Manager Is Worried About Speculative Excess
  7. T-Mobile and 13 Other Stocks That Could Pop on Earnings
  8. Apple Could Crush Earnings Estimates. One Analyst Explains How.
  9. The Top 100 Financial Advisors and Teams
  10. These Active Small-Cap Funds Are Ready to Run