テスラ、第1四半期決算も好調か

Tesla Deliveries Smashed Expectations. The Stock Should Rise Monday.

納車台数、ウォール街の予想上回る

半導体不足の懸念払しょく

Dean Mouhtaropoulos/Getty Images
テスラ<TSLA>が2日に発表した第1四半期の納車台数は約18万5000台と、前年同期の2倍以上となった。

投資家の間では、需要や競争ではなく、世界的な自動車用半導体の不足を理由に、納車台数をめぐり不安が台頭していた。しかし、これは行き過ぎだったことが判明。テスラ株は連休明け5日には上昇するはずだ。

第1四半期の納車台数は2020年第4四半期の18万1000台を上回る。2020年第1四半期は約8万8000台。

ウォール街のアナリストの予想レンジは約16万2000~17万200…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By AL ROOT
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

ランキング

ranking
  1. Disney’s ‘Triple Play’ Signals a Bright Future
  2. Amazon Could Be Worth $3 Trillion in Three Years, Analyst Says
  3. How Much Money Should I Spend on Coinbase Stock? Financial Advisers Offer Guidance to Young Investors.
  4. Will Tesla Be the Next Apple? Here’s How Investors Can Play It.
  5. The 24 Most-Hated Stocks in the S&P 500, and Why You Should Love Them
  6. Why a Top Fund Manager Is Worried About Speculative Excess
  7. T-Mobile and 13 Other Stocks That Could Pop on Earnings
  8. Apple Could Crush Earnings Estimates. One Analyst Explains How.
  9. The Top 100 Financial Advisors and Teams
  10. These Active Small-Cap Funds Are Ready to Run