もうすぐ決算、失望に備えを

Earnings Season Is Coming. Get Used to Disappointment.

供給不足や仕入れ価格上昇が問題

6%増収の見込みだが

Scott Heins/Getty Images
もうすぐ決算シーズンが始まるが、投資家は慎重な姿勢で臨んだほうがいいかもしれない。

業績が伸びないわけではない。ファクトセットのデータによると、S&P500指数構成銘柄の1株当たり利益(EPS)は2020年3月のパンデミック(世界的流行)による打撃からの反動もあり、前年同期比24%増となる見込みだ。急激な景気回復は、製造業や小売業、レストラン経営者にとって特に有益なものとなるだろう。これら業界の経費は固定費が多くを占めており、経費をあまり増やすことな…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By JACOB SONENSHINE
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

ランキング

ranking
  1. Disney’s ‘Triple Play’ Signals a Bright Future
  2. Amazon Could Be Worth $3 Trillion in Three Years, Analyst Says
  3. How Much Money Should I Spend on Coinbase Stock? Financial Advisers Offer Guidance to Young Investors.
  4. Will Tesla Be the Next Apple? Here’s How Investors Can Play It.
  5. The 24 Most-Hated Stocks in the S&P 500, and Why You Should Love Them
  6. Why a Top Fund Manager Is Worried About Speculative Excess
  7. T-Mobile and 13 Other Stocks That Could Pop on Earnings
  8. Apple Could Crush Earnings Estimates. One Analyst Explains How.
  9. The Top 100 Financial Advisors and Teams
  10. These Active Small-Cap Funds Are Ready to Run