WEEKLY 2021年5月2日号

材料に反応薄で高値横ばいの市場

The Market Did Nothing—Unless You Peer Beneath the Surface

水面下で見られた経済再開を織り込む物色動向は続くか

動意薄だった株式市場

株式市場で反応が起きるには何が必要なのだろうか。

先週の株式市場では、S&P500指数が2週連続で横ばいに近い状態のまま取引を終了した。前週が0.13%の下落となった後にトレーダーや投資家はポジションに変更を加えたものの市場全体には影響せず、同指数は1.00(0.02%)上昇して4181.17で引けた。ナスダック総合株価指数は0.4%安の1万3962.68、ダウ工業株30種平均は0.5%安の3万3874ドル85セントとなった。小型株のラッセル2000指数は0.2%安の2266.45で週末を迎えた…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Ben Levisohn
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. Apple Earnings Were Spectacular. Why Its Stock Dropped.
  2. Tech’s Big Five Had Fantastic Pandemics.
  3. The Stock Market Ignored the Fed Meeting. Why That Could Be a Mistake.
  4. Why Bank of America Stock Is a Buy. Here’s Why.
  5. U.S. Pot Producers Are Growing Like Weeds. Here’s How to Buy In.
  6. What Happens When Governments Go Crypto
  7. Inflation Is Coming. 5 Stocks to Buy Now.
  8. The Market Did Nothing—Unless You Peer Beneath the Surface
  9. A Fund Cleans Up by Betting on Clean Energy
  10. Who’s Afraid of Higher Capital-Gains Tax? Not Stocks, at Least for Now.