WEEKLY 2021年5月9日号

バロンズ誌の創業者が残したもの

Clarence Barron Had His Flaws. But His Legacy is Impressive.

金融ジャーナリズム先駆者の矛盾に満ちた人生

ポンジの詐欺暴く一方で「泥棒男爵」称賛

Illustration by Joe McKendry
クラレンス・バロン氏は満足そうに周囲を見回した。1927年6月、本誌のインタビューで「米国は世界の金融の中心だ」と語り、「この国の銀行制度は世界一優れている」と述べた。記者にブローカーズ・ローンについて意見を聞かれると、「議論する価値はない。ブローカーズ・ローンは大した問題ではない」と答えていた。このインタビューから1年あまり後、バロン氏は死去した。そしてブローカーズ・ローン(証券会社による投資家への信用供与を銀行の融資で賄っていた)は1929…
会員限定記事

無料会員登録を行うことで
この記事の全文を読むことができます。

原文
By Kenneth G. Pringle
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. September Was Bad for Investors. October Could Be Worse.
  2. Junk-Bond Yields Top 8%. It Could Be a Good Time to Buy.
  3. Will This Be Another ‘Lost Decade’ for the Stock Market?
  4. Don’t Hide When Markets Tank. Instead, Seek Out Opportunity.
  5. Stocks are Sinking and Rates Are Rising. We’re Heading for Normal.
  6. Don’t Let the Market Scare You: 3 Moves You Can Make Right Now.
  7. What’s Next for the Healthcare Industry, and How to Invest
  8. Tumbling Markets Imperil Tech, the Dollar, and Private Equity
  9. New Alzheimer’s Drug Success Was a Shock. Now There Are 5 Big Questions.
  10. Uber Stock Can Rise on These 2 Trends