木材相場反落、「インフレは一過性」か

A Case for Transitory Inflation: Lumber Prices Are Down 22% Since May 10 Peak

注目は賃金

最高値から22%下落

George Frey/Getty Image
19日の木材先物相場7月きりの終値は1305.50ドルで、5月10日に付けた最高値から22%下落した。インフレ率上昇が連邦準備制度理事会(FRB)の主張する通りに「一過性」のものなのか、それとも、より持続的なものかをめぐる議論の新たな材料になっている。

木材は、ガソリン・自動車から食肉まで、あらゆるものの価格を押し上げる広範なコモディティー・インフレの代表格となっている。特に住宅市場は、超金融緩和策や大規模な財政刺激策、サプライチェーン(部品供給網)…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Lisa Beilfuss
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. Correction Worries Are Overblown. Here’s Why.
  2. Pills to Battle Covid Are Coming. These Companies Stand to Gain.
  3. It’s Not Just China Evergrande. Why the S&P 500 Is Tanking and What to Do About It.
  4. The Dow Is Up 500 Points. Why the Stock Market Doesn’t Fear the Fed.
  5. How Caterpillar and 4 More Industrial Stocks Could Gain From Evergrande’s Credit Troubles
  6. Evergrande’s Credit Contagion Risk Is Contained for Today, These Charts Show.
  7. The Stock Market Might Not Be Past the Worst. What It Needs for an ‘All Clear.’
  8. The One Indicator That Has Wall Street Biting Its Nails.
  9. A War Is Coming Over Cryptos and Money. Why You Should Care.
  10. The Stock Market Is Tanking. These 5 Stocks Are Not.