WEEKLY 2021年5月23日号

FRBが住宅ブーム鎮静化に動いた後に起きること

The Fed Might Start to Act Sooner to Head Off Housing Boom and Bust. What Could Happen

資産購入縮小で住宅市場が混乱する可能性

FRBの言及はサプライズ

Scott Olson/Getty Images
「話してもいいかしら?(テーパリングのことを)」。コメディアンの故ジョアン・リバースのこの有名なフレーズは、マーケット・ウオッチャーの注目を集めた4月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の重要な内容を端的に表わしている。先週発表されたFOMC議事要旨は、「多くの参加者が、経済が目標に向かって急回復を続けるなら、今後の会合のどこかで資産購入ペースを調整する計画を議論することが適切だと提案した」というものだった。

連邦準備制度理事会(FRB)…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Randall W. Forsyth
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. Correction Worries Are Overblown. Here’s Why.
  2. Pills to Battle Covid Are Coming. These Companies Stand to Gain.
  3. It’s Not Just China Evergrande. Why the S&P 500 Is Tanking and What to Do About It.
  4. The Dow Is Up 500 Points. Why the Stock Market Doesn’t Fear the Fed.
  5. How Caterpillar and 4 More Industrial Stocks Could Gain From Evergrande’s Credit Troubles
  6. Evergrande’s Credit Contagion Risk Is Contained for Today, These Charts Show.
  7. The Stock Market Might Not Be Past the Worst. What It Needs for an ‘All Clear.’
  8. The One Indicator That Has Wall Street Biting Its Nails.
  9. A War Is Coming Over Cryptos and Money. Why You Should Care.
  10. The Stock Market Is Tanking. These 5 Stocks Are Not.