WEEKLY 2021年6月13日号

債券市場は今年後半の経済減速を示唆

Strange Bond Moves Could Signal Slower Second-Half Growth

住宅バブルも縮小し始めた

目が離せないインフレ

George Frey/Getty Images
イエレン米財務長官は、「若干高い金利環境を招いたとしても、社会的観点や米連邦準備制度理事会(FRB)の視点で見るとプラスになるだろう」と語り、金利上昇を容認する姿勢を示している。現在は財務長官を務める前FRB総裁は、先週のブルームバーグのインタビューで、「われわれは低過ぎるインフレ率と金利に、10年間格闘している」と語った。以前なら戦時中に限られていたようなレベルの金融・財政の拡大にもかかわらず、政府の政策はインフレを高進させることしかできな…
会員限定記事

無料会員登録を行うことで
この記事の全文を読むことができます。

原文
By Randall W. Forsyth
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. How China’s Covid-19 Protests Could Ultimately Help Stocks
  2. BlackRock Sees Opportunities in Energy and Healthcare Stocks in 2023
  3. After Tesla, EV Stock Choices Are Clear but Not Great
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  6. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  9. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  10. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading