WEEKLY 2021年6月20日号

危機とインフレについて歴史に学ぶ

On the Crisis and Inflation, Barron’s Shows How the Past Can Be Prologue

投資家が注意すべきは貿易赤字の可能性

第二次大戦後に起きたことに学ぶ

Esther Bubley/FSA OWI Collection/Library of Congress
「平時に戻ったら、何百万人もの米国人が、危機の間に買えなかったものを買うために、あちらこちらで列を作るだろう」と、ある景気ウオッチャーが本誌のゲストコラムで書いている。消費制限と前例のない政府支出の急増により、「抑圧されてきた購買力」と「潜在的需要」が不安定に組み合わさった状況が作り出されたのだ。「インフレに注意しろ、価格は天まで届く」と、このウオッチャーは言い放った。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)が経済に与える影…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Matthew C. Klein
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. September Was Bad for Investors. October Could Be Worse.
  2. Junk-Bond Yields Top 8%. It Could Be a Good Time to Buy.
  3. Will This Be Another ‘Lost Decade’ for the Stock Market?
  4. Don’t Hide When Markets Tank. Instead, Seek Out Opportunity.
  5. Stocks are Sinking and Rates Are Rising. We’re Heading for Normal.
  6. Don’t Let the Market Scare You: 3 Moves You Can Make Right Now.
  7. What’s Next for the Healthcare Industry, and How to Invest
  8. Tumbling Markets Imperil Tech, the Dollar, and Private Equity
  9. New Alzheimer’s Drug Success Was a Shock. Now There Are 5 Big Questions.
  10. Uber Stock Can Rise on These 2 Trends