WEEKLY 2021年6月20日号

FOMCを受けて景気敏感株が急落

The Dow Just Had Its Worst Week Since October. What Happens Next.

長期金利の低下を好感した成長株の物色は慎重に

FOMCで利上げ観測が前倒し

JEWEL SAMAD/AFP via Getty Images
いよいよ始まったのか。

米連邦準備制度理事会(FRB)から先週何か動きがあるとは誰も予想していなかった。米連邦公開市場委員会(FOMC)参加者の政策金利の見通しを示す「ドットチャート」に変化があるとの予想はあったものの、金利上昇や資産買い入れの規模縮小(テーパリング)の開始も見込まれていなかった。こうした予想に反し、金融引き締め政策のプロセスが、長らく予想されていた株価の調整とともについに始まったようだ。

16日のFOMCの終了直後は、そのよう…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Ben Levisohn
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. With Cases on the Rise, Travel’s Rebound Faces a Big Test
  2. Rising Covid Cases Put the Recovery at Risk
  3. Airbnb’s Brian Chesky Sees a ‘Travel Rebound of the Century
  4. The Dow Just Hit 35,000. Why Monday’s Selloff Didn’t Prove Fatal.
  5. This Fund Delivers Big Gains Without Big Tech
  6. Buy This Stock. It’s a Bet on Clean Water.
  7. Musk Tweets That Tesla Will Share Its Charging Network.
  8. The New Thing in Batteries Isn’t for EVs. Think Wind Power.
  9. Don’t Look Now, but Tesla Is a Mature Business
  10. The Robinhood IPO Is Coming Soon. Steer Clear.