WEEKLY 2021年7月11日号

債券利回り低下、下期の景気軟化の予兆か

Bonds’ Odd Behavior May Presage Weaker Second-Half Economy

市場は先行き織り込む

利回り上昇予想に反した動き

Jeffrey Isaac Greenberg/Alamy
最近の債券利回りは、コンセンサスで上昇が予想されている時に低下しており、投資家の関心を集めている。今年の10年債利回りが、2020年末時点の2倍以上の水準である2%に間違いなく向かうだろうと考えられていたことを思い出してほしい。それは、新型コロナウイルスワクチンの導入によって可能になった経済の継続的再開と、未曽有の規模の金融・財政刺激がもたらした推進効果が理由だ。

しかし、10年債利回りは第1四半期末に1.75%に達した後で反落し、予想におおむね反…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Randall W. Forsyth
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. Correction Worries Are Overblown. Here’s Why.
  2. Pills to Battle Covid Are Coming. These Companies Stand to Gain.
  3. It’s Not Just China Evergrande. Why the S&P 500 Is Tanking and What to Do About It.
  4. The Dow Is Up 500 Points. Why the Stock Market Doesn’t Fear the Fed.
  5. How Caterpillar and 4 More Industrial Stocks Could Gain From Evergrande’s Credit Troubles
  6. Evergrande’s Credit Contagion Risk Is Contained for Today, These Charts Show.
  7. The Stock Market Might Not Be Past the Worst. What It Needs for an ‘All Clear.’
  8. The One Indicator That Has Wall Street Biting Its Nails.
  9. A War Is Coming Over Cryptos and Money. Why You Should Care.
  10. The Stock Market Is Tanking. These 5 Stocks Are Not.