WEEKLY 2021年7月18日号

合成生物学は次の目玉か

This Burgeoning Biotech Industry Could Be the Next Big Thing

細胞のプログラミングで多様な製品を製造

ビル・ゲイツ氏などの著名投資家が注目

Courtesy of Amyris
合成生物学はまだ生まれて間もないが、一世代前のインターネットと比較されている。合成生物学を手掛ける企業にはビル・ゲイツ氏や、アーク・インベストメント・マネジメントを率いるキャシー・ウッド氏、ベンチャーキャピタリストのジョン・ドーア氏らが投資を行っている。

投資家が期待しているのは、酵母などの微生物のDNAをコンピューターのようにプログラミングすることで、これらの微生物に従来より安く、カーボンフットプリントが小さい方法で製品を製造させる点…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Andrew Bary
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. With Cases on the Rise, Travel’s Rebound Faces a Big Test
  2. Rising Covid Cases Put the Recovery at Risk
  3. Airbnb’s Brian Chesky Sees a ‘Travel Rebound of the Century
  4. The Dow Just Hit 35,000. Why Monday’s Selloff Didn’t Prove Fatal.
  5. This Fund Delivers Big Gains Without Big Tech
  6. Buy This Stock. It’s a Bet on Clean Water.
  7. Musk Tweets That Tesla Will Share Its Charging Network.
  8. The New Thing in Batteries Isn’t for EVs. Think Wind Power.
  9. Don’t Look Now, but Tesla Is a Mature Business
  10. The Robinhood IPO Is Coming Soon. Steer Clear.