WEEKLY 2021年7月18日号

合成生物学は次の目玉か

This Burgeoning Biotech Industry Could Be the Next Big Thing

細胞のプログラミングで多様な製品を製造

ビル・ゲイツ氏などの著名投資家が注目

Courtesy of Amyris
合成生物学はまだ生まれて間もないが、一世代前のインターネットと比較されている。合成生物学を手掛ける企業にはビル・ゲイツ氏や、アーク・インベストメント・マネジメントを率いるキャシー・ウッド氏、ベンチャーキャピタリストのジョン・ドーア氏らが投資を行っている。

投資家が期待しているのは、酵母などの微生物のDNAをコンピューターのようにプログラミングすることで、これらの微生物に従来より安く、カーボンフットプリントが小さい方法で製品を製造させる点…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Andrew Bary
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. 5 Things to Watch in the Inflation Reduction Act of 2022
  2. Senate Passes Climate Bill. The Rush to Renewable Energy Is On.
  3. GM and 9 Other Stocks That Should Shine in a 2023 Recession: Citi
  4. Alphabet and 7 More Stocks Wall Street Loves That Aren’t Too Pricey
  5. PayPal’s Stock Is Battered. It’s Time to Buy.
  6. Tesla Sets Its Stock Split Date. Let Pre-Split Trading Begin.
  7. July’s Strong Jobs Report Didn’t Crush the Market. What to Look for Next.
  8. How to Invest for the Coming Recession
  9. Don’t Trust This Stock Rally. Strategists See More Trouble Ahead for S&P 500.
  10. Intel, Micron, and 3 Other Stocks With Direct Exposure to Taiwan