テスラ決算後に下落、「成熟」の証

Don’t Look Now, but Tesla Is a Mature Business

売上高、純利益とも過去最高

本業の自動車部門が好調

John Thys/AFP via Getty Images
テスラ<TSLA>が26日に発表した4~6月期決算は、売上高と純利益が過去最高を更新した。投資家やアナリストはこのニュースを控えめな楽観主義で受け止めたが、これはテスラが企業として成熟しつつあることを示している。

1株当たり利益(EPS)は1.45ドルと、アナリスト予想の0.95ドルを大きく上回った。これまで業績を支えてきた温室効果ガス排出枠の売上高は減少したが、本業の自動車部門が好調だった。

テスラはゼロエミッション車を製造し、まだ内燃機関に依存し…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Al Root
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. Correction Worries Are Overblown. Here’s Why.
  2. Pills to Battle Covid Are Coming. These Companies Stand to Gain.
  3. It’s Not Just China Evergrande. Why the S&P 500 Is Tanking and What to Do About It.
  4. The Dow Is Up 500 Points. Why the Stock Market Doesn’t Fear the Fed.
  5. How Caterpillar and 4 More Industrial Stocks Could Gain From Evergrande’s Credit Troubles
  6. Evergrande’s Credit Contagion Risk Is Contained for Today, These Charts Show.
  7. The Stock Market Might Not Be Past the Worst. What It Needs for an ‘All Clear.’
  8. The One Indicator That Has Wall Street Biting Its Nails.
  9. A War Is Coming Over Cryptos and Money. Why You Should Care.
  10. The Stock Market Is Tanking. These 5 Stocks Are Not.