WEEKLY 2021年8月22日号

アフガン撤退、市場への影響は限定的

After Afghanistan, China and Iran to Pose Tests for U.S.

米、対中・イラン政策を強化

撤退に伴う混乱でも株式相場は上昇

U.S. Air Force/UPI/Shutterstock
ウォール街とそれ以外の世界との違いがこれほど鮮明になったことはない。タリバンによるアフガニスタン支配の復活という米国の外交政策上の大失敗にもかかわらず、株式市場はほとんど動揺することなく長期連勝を続けている。

これには正当な理由があるのかもしれない。バンク・クレジット・アナリスト(BCA)リサーチの地政学ストラテジスト、マット・ガートケン氏は、アフガニスタンの状況がマクロ経済に与える影響は限定的だと言う。「むしろ、米国は戦略的により重要…
会員限定記事

無料会員登録を行うことで
この記事の全文を読むことができます。

原文
By Randall W. Forsyth
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. September Was Bad for Investors. October Could Be Worse.
  2. Junk-Bond Yields Top 8%. It Could Be a Good Time to Buy.
  3. Will This Be Another ‘Lost Decade’ for the Stock Market?
  4. Don’t Hide When Markets Tank. Instead, Seek Out Opportunity.
  5. Stocks are Sinking and Rates Are Rising. We’re Heading for Normal.
  6. Don’t Let the Market Scare You: 3 Moves You Can Make Right Now.
  7. What’s Next for the Healthcare Industry, and How to Invest
  8. Tumbling Markets Imperil Tech, the Dollar, and Private Equity
  9. New Alzheimer’s Drug Success Was a Shock. Now There Are 5 Big Questions.
  10. Uber Stock Can Rise on These 2 Trends