利回り曲線、スティープ化なら景気敏感株の買い場に

This Indicator Is Signaling Trouble Ahead for the Stock Market

債券市場が発するシグナル

最近はフラット化進む

Dreamstime
債券市場は経済成長に対する懸念を示している。これは短期的に株式市場に荒波をもたらす可能性があり、景気敏感株の潜在的な買い場となる。

イールドカーブ(利回り曲線)はこのところフラット化している。10年債利回りは1週間前に付けた2021年下半期の高値1.702%から1.556%まで低下した。これは経済需要に対する楽観的な見方が後退し、長期的なインフレ見通しが薄れたことを示す。

一方、2年債利回りは1週間前の0.46%から0.49%に上昇した。これは市場が現在の物価…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Jacob Sonenshine
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. This Robot Trader Is Betting on Big Gains for Tesla and Nvidia Stock. It’s Been Right Before.
  2. Why Patient Investors Should Take a Fresh Look at Battered Peloton
  3. Why It’s Time to Invest in Commodities, and How to Do It
  4. These 11 Stocks Expanded Profit Margins—Despite Inflation Pressure
  5. Inflation Is Going Wild. 15 Stocks to Help Tame It.
  6. The Metaverse Is All the Talk at CES. Defining It Isn't Easy.
  7. Snowflake Stock Is Rallying. Barclays Turned Bullish.
  8. Barron’s Stock Picks Fell Short in 2021—Even With a Bunch of Winners
  9. Auto Stocks Have Revved Up on EV Ambitions. Here’s Where They Go Next.
  10. Rate Jitters Sink Stocks, Bonds as 2022 Dawns. What’s Different This Time.