WEEKLY 2021年11月14日号

株式市場が最も懸念すべきもの

Here’s What the Market’s Biggest Problem Is

インフレ率そのものよりもインフレ率に対する債券市場の反応が重要

インフレ懸念

David Paul Morris/Bloomberg
誰もがインフレを懸念しているが、投資家が本当に懸念すべきなのは債券市場の動向だ。

先週の株式市場の主な下落要因としてインフレが指摘された。少なくとも表面上は妥当な見方だろう。主要株価指数を見ると、ダウ工業株30種平均は0.6%安の3万6100ドル31セントとなり、S&P500指数は0.3%安の4682.85で引けた。ナスダック総合指数は0.7%下落して1万5860.96となり、小型株のラッセル2000指数は1.0%安の2411.78で週末を迎えた。

先週の下落分の多くは、労働省が10月…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Ben Levisohn
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. This Robot Trader Is Betting on Big Gains for Tesla and Nvidia Stock. It’s Been Right Before.
  2. Why Patient Investors Should Take a Fresh Look at Battered Peloton
  3. Why It’s Time to Invest in Commodities, and How to Do It
  4. These 11 Stocks Expanded Profit Margins—Despite Inflation Pressure
  5. Inflation Is Going Wild. 15 Stocks to Help Tame It.
  6. The Metaverse Is All the Talk at CES. Defining It Isn't Easy.
  7. Snowflake Stock Is Rallying. Barclays Turned Bullish.
  8. Barron’s Stock Picks Fell Short in 2021—Even With a Bunch of Winners
  9. Auto Stocks Have Revved Up on EV Ambitions. Here’s Where They Go Next.
  10. Rate Jitters Sink Stocks, Bonds as 2022 Dawns. What’s Different This Time.